So-net無料ブログ作成
検索選択

紐育物語、ブルックリンを歩きコーヒー飲んで、ステーキ! '17/5/15 [旅]

「ニョごニョごぉおお~」
170515お留守番.jpg

















あれ?、きょんちゃん、ちゃんとお留守番してる?。
「春なニョだ~」

自然歴史博物館でたっぷり歩いて疲れたわ~。
午後はおう、三時。地下鉄に乗って川を渡りブルックリンへ。
Bedford Av駅で降り、地上に出ると…ほぅ、カワイイ町だね。
170515ベッドフォードAVa.jpg



















今まで大都会にいたので、こーゆーのんびりした町に来るとホっとする。
ちょっとお茶でも飲むかね、と『Blue Bottle Coffee』がある。
ここも一時日本で何時間もの行列だったもんね(こちらをポチっとな)。
コーヒーくださいな。高いコーヒーでも$4.75、日本と同じくらいかね。
170515ブルーボトルコーヒー.jpg





















店の造りも基本同じ感じ。
少し元気が戻ったので、また町を歩く。
壁の落書き(Artなのかな)も色々、プーチンがトランプのお面、あぁ、なるほどね。
170515ベッドフォードAVb.jpg
















窓に猫の置物、本物は居ないなぁ。でも道端も楽しい、おいおいなんでヘビ巻いてんだ!?。
再び地下鉄に乗りDUMBO地区に行き…
170515マンハッタン橋.jpg

















マンハッタン橋。
そしてブルックリン橋。
170515ブルックリン橋.jpg











これらの橋はいろんな映画に出てくるわな。そうそう、スパイダーマンでも…
まだ明るいけど、時計を見ればもう八時。サマータイムだから感覚がね。
マンハッタンに戻り晩飯。NYはやっぱりステーキ。No.1人気の店、と思ったが予約が難しい。
じゃ、そこのトップが独立した
Wolfgang's Steakhouse』。
170515ウルフギャングステーキa.jpg

















入ると凄い人。予約してないんやが…ちょっと待ってて、と割とすんなり入れた。
二人でサーロイン一人前くれる?、と言ったら…一人一人前オーダーしないとダメ、だって。
じゃ、お薦めのポーターハウスの二人前てのを。あとはアスパラをスチームで。
ワインが来て、パンも。
170515ウルフギャングステーキb.jpg












赤ワインはしっかりしとる。パンは、これ食べちゃうと肉喰いきれんよな、と手は出さずに待つ。
さぁ、ステーキが来たよ。

170515ウルフギャングステーキc.jpg









骨を境にフィレとサーロインが同時に味わえるよ、と取り分けてくれる。
表面はカリカリ、中はジューシーに焼けてて、こりゃ旨いわ。

170515ウルフギャングステーキd.jpg

















カリカリのとこの塩がなんとも言えないよ。
28日間熟成させた肉を900℃のオーブンで焼く、なんだそな。
始めは恐々食べてたが、次から次へけっこー食べられる。

170515ウルフギャングステーキe.jpg












最後は骨のまわりを削ぎとって、ここがまた旨い廻り見ると日本人もけっこういて、皆けっこー残してる。
俺達ば30oz=850g完食、ごちそうさまでした。
一人税チップ込で80ドル位とちょっと高めだけど、ま、イイっしょ。
ちなみにこの店は東京・六本木にもあり、肉だけで二人前16000円だから、五割位高いかね。

お腹イッパイ、タイムズスクエアでゴロリ。
170515タイムズスクエア.jpg












よく歩き、よく食べ、そして人生を考えた一日だったよ…To Be Continued…

nice!(24)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット